行った場所の感想

行ってない場所の感想も書きます。

DearDreamの宣伝をさせてください

7月15日、16日と富士急ハイランドコニファーフォレストでORESUMMER!!が開催されますね。


楽しみすぎて変なサングラスを買いました。


大好きなDearDreamが参戦するので私ももちろん参戦するんですがDearDream知らないよ〜って方向けに聞いておいてほしい曲をまとめました。

まずメンバーの簡単な紹介です。

・DearDreamのメンバー ※()内はキャラクター名です

石原壮馬くん(天宮奏)

赤担当。劇団プレステージの所属。

ドリフェス以外だとtvkの「猫のひたいほどワイド」の月曜レギュラー(ここでは青担当)。おれサマーの少し前が誕生日で21歳になります!

最年少センターですがそこかしこに只者じゃなさを感じる顔の小さいセンターくんです。


溝口琢矢くん(及川慎)

青担当。

ドリフェス以外では、仮面ライダー電王の小太郎や仮面ライダーゴーストのシブヤくん、最近の舞台ではオカンの嫁入りやオーバーリング・ギフトなどたくさんの作品に出演しています。

アイスとおしゃべりが大好きで彼の出る番組やラジオはトークが盛り上がる。可愛い顔から飛び蹴りしたりと身体能力が高くてびっくりします。


富田健太郎くん(佐々木純哉)

黄色担当。

ドリフェス以外では、舞台BROTHERS CONFLICTの風斗役や炎の蜃気楼高坂弾正などで出演しています。

三枚目ポジションで料理が上手いなどなんか色々凄い。雑誌などのインタビューではオカン担当らしいです。


太田将熙くん(片桐いつき)

緑担当。壮馬くんと同じ劇団プレステージに所属しています。

ドリフェス以外では、6月にあたっくNo. 1という舞台に出演していました。

ダンスが得意なのでどんな曲でもバッキバキに踊ってくれます。バク転も出来るのでおれサマーでもやってくれるかもですね。神対応は劇団プレステージのファンサイトに書かれるほどらしいです。


正木郁くん(沢村千弦)

薄紫担当。郁くんはドリフェスでデビューしました。

ドリフェス以外では、8月に片想いという舞台に出演が決まっています。おれサマーで観た後、興味を持ったら是非観てみてください。

緑の将熙くんとはまさき繋がりでWまさきということでよくペアで歌ったりしています。実はメンバーの中で腕相撲が一番強い。



◆定番曲

・NEW STAR EVOLUTION

DearDreamのデビュー曲です。ライブやファンミーティングでは必ずやってるのでやるんじゃないかと思います。

https://youtu.be/hM4pGDcJ94o

MVがyoutubeにフルで上がっていますので、ご覧になってみてください。


・Dream greeting!

1stシングルに収録されたカップリング曲の1つです。

ドリフェスのイベントの名前にグリーティングと使われてるのでこれも皆勤賞な曲です。

こちらはキャラクターが出演したMVがyoutubeにあります。

https://youtu.be/m4HO2XFoLlo

サビの振りをみんなで真似したりすると盛り上がるので、余裕があれな隣の人に迷惑にならない程度に真似してみると楽しいです。


・インフィニティ・スカイ

こちらも1stシングルのカップリング曲です。

MVは無いのですが、こちらもイベント皆勤賞な曲です。

ここまでの3曲を歌ったイベントの映像がありますので、雰囲気を掴めるんじゃないかなと思います。

https://youtu.be/NPmCODM6z_k

メンバーを見て少しでもお気に入りな子がいたらイベントでその子の色のペンライトを振ってくれるとより楽しめると思います。


・PLEASURE FLAG

2ndシングルの表題曲です。アニメのOPにも使われました。

シングル発売後はイベント皆勤賞な曲です。

https://youtu.be/jc9O9M3uES4

こちらもMVがありますので、是非確認してみてください。1stシングルから垢抜けてダンスもレベルアップしてます!


・シンアイなる夢へ!

2ndシングルのカップリング曲です。アニメのEDに使われました。

ペンライトを横に振ったりとメンバーと一緒の動きがしやすい曲です。ソロパートがあるので、メンバーそれぞれの声を確認しやすいです。

https://youtu.be/xwmDgvPyrJg

こちらもMVがあります。河口湖でロケしたらしいので割と関わりが深いってことでいいですかね。

合宿風景のMVなので、普段どんな感じなのかな〜ってのが少し伝わるかなと思います。


定番曲は大体この5曲だと思います。



この辺りの曲でピンときたら私が1stアルバムをあげるので是非声をかけてくださいね!

みんなでおれパラ初の野外フェスを盛り上げましょう〜〜!



オーバーリング・ギフト 感想

6/15から6/25までDDD青山クロスシアターで上演されていた「オーバーリング・ギフト」を観劇してきました。

観ようと思ったきっかけは率直にいうと富田くんが出ていたからだったんですが、彼が出ていることを差し引いても本当に面白い舞台でした。DVD発売も決定したので、これが参考になるかわからないですが興味を持ったら見てみてください。

作・演出は劇団プレステージの風間由次郎さんです。この舞台に行くことが決まってから劇団プレステージの作品などを観てみたりしてみたのですが、演出に関わったらしい小関さんバージョンのFROGSもですが私の好みにハマる感じの舞台でした。

あらすじ
人の才能がリングによって管理されている未来の世界が舞台。リングにはそれぞれ才能が入っていてそれによって人の将来が決められている社会で、世の中の人は自分の子供により良いリングを付けることがステータスとなっていた。
リングを持っている人=オーバーと、リングを持たない人=ロストが出会うお話です。

登場人物
アスター(演:猪塚健太さん)
リングを持っているオーバーの少年。トトイ(溝口くん)を助けるために親からもらった特別なリングを捨ててしまい、ロストへ転落する。
主人公気質な男の子で明るくて元気な子だったんだろうな〜と思います。最初はロストの暮らしに戸惑うけれど覚悟を決めたらうだうだ言わないで仕事もきっちりするあたりいい子だなあと思うしカワイイですね。あと大きいショルダーバッグを2つ斜め掛けしてる時のもたついた歩き方が可愛かったんですがお坊ちゃんだから慣れてないのかな?ってのを感じられて細かいな〜と思いました。
後半で話を引っ張って行く立場になってからはなんだか猪塚さんが大きく見えました。

トトイ(演:溝口琢矢さん)
ロストの少年。素直だけどかなり鈍感。アスターに命を救われて以来アスターを慕い、兄弟のように暮らす。
アスターに助けられた時に言われた言葉を励みにしていて、人を疑ったりしないんだろうなあと思うわんこみたいな男の子です。アスターに恩があるから真っ先に彼を助けて力になろうとしてくれます。
アスターを自分の家に迎え入れる時の嬉しくてたまらないって感じの笑顔がとってもよかったですね〜私はFROGSとこの舞台でしか舞台で演技する溝口くんを見ていないんですが、こういうハツラツとした溝口くんは見てて気持ちいいですね。

トトイとして生きて〜という言い方をカテコでもしていて、世界観を大事にしてくれるんだな〜と思いました。生き抜くという言葉が似合うくらいすごい役でした。


カゲツ(演:富田健太郎さん)
オーバーの男の子。家が貧乏で病気の父親のためにロスト街へ降りて自分のリングを売りにやってくる。
アスターと対になる人物だと思いました。リングを捨てたらロストになってしまうのにそれでも育ててくれた恩があるからと歌う富田くんがすごく良かったです。この舞台は「愛」をテーマにしてるようなので、家族愛を推されまくるので1回目では泣かなかったのに複数回観るうちに泣けてきてしまいました。
この子の境遇的にも劇中は常に辛そうで泣きそうな顔をしているんですが、ラストシーンでは晴れやかに笑っててやっぱり富田くんは笑顔がいいんだよなあと思いました。

千秋楽の最後らへんのシーンのセリフで感極まって泣いちゃって泣く予定なかったのに思わずもらい泣きしました、カテコのゆるい挨拶でも泣いてしまいました。まあつまり富田くんの演技が好きなんですよね。


ミロコ(演:加藤潤一さん)
トトイの父親。包容力があってトトイの命の恩人でもあるアスターを快く迎え入れる。
ミロコはトトイのお父さんだからかやっぱり言動がそっくりでした。突然転がり込んできたアスターを本当の子供のように見守ってくれる優しい人です。この人がいなかったら多分アスターは何も出来なくなっていたことでしょう、この作品で一番好きなキャラクターです。
加藤さんはミュージカルにも出ている方だからか歌うシーンが多く用意されていたのですが流石の貫禄でした。


ルージュ(演:島ゆいかさん)
トトイと同じ年の気の強い女の子。ミロコに拾われて血は繋がらないけれど家族のように暮らしている。
トトイのお姉さんのように接するから最初はやたらと当たりが強いけれど本当はトトイが好きだから素直になれなかった子。トトイへ詰め寄る姿が何度見ても可愛いですね。
島ゆいかさんは可憐Girl'sのメンバーだったらしくあの頃あんなに小さかった子をまた舞台で観ることになるとは思いませんでした。

ゆいかちゃんはこれが初舞台だったそうですが、歌のシーンは女の子らしくてとても可愛いのにアスターに対してやたらとキツいのがめっちゃ怖かったですね笑 由次郎さんが「勝気な方が合う」という言葉を観てからわかりましたね、すごく合ってました。


咲耶(演:中村百花さん)
ミロコの古くからの友人。ルージュにとても慕われている。オーバーにいる人をずっと待っている。
アスターやルージュを導いてくれるお姉さんのような存在。中村さん自身もお姉さんらしいところがあるみたいなのでこの人のいるシーンは安心して見られました。
風間さん演じるイラッシュとは顔を合わせないのですがそういうことを示唆するシーンもあってやっぱり複数回観ても面白いです。

公演の前半と後半で一番演技が変わったんじゃないかなと思います。前半はどちらかというとお姉さんな感じだったのですが、後半では母性を感じました。歌のシーンの迫力がすごくていつも圧倒されてました。


イラッシュ(演:風間由次郎さん)
ミロコ、咲耶の古くからの友人。オーバーの(次期)市長。咲耶のことが好きだったらしい。
色々あった後に登場するキャラクター。イラッシュが何を考えているのかを描写するシーンが少ないので3回見てもまだどんな人なのかわからない。ロスト街を中心に話が進むので、オーバーの暮らしもわからない私たち観客からは一番謎なキャラクターだけど多分登場人物からも一番謎な人だと思われているかもしれない。

由次郎さんがカテコの時いつも緊張しているように見えて、猪塚さんが助け舟を出しているのを見て付き合いの長さを感じました。アスターとイラッシュとミロコが一緒にいるシーンは役では歳の差があるのに実際は同僚なのかと思うとなんか不思議で面白いですね。


感想
私がこういうオリジナルのミュージカルを観るのがほぼ初めてだったので話の展開が予想がつかなくて何回観ても楽しんで観られました。
舞台装置をキャストさんが手で動かすので、まずそこにもびっくりするわけですが、ラストシーンの舞台装置の使い方は本当面白いなと思います。
気持ち的にも視覚的にもスッキリ終われるので観終わった後とても気持ちがいいです。
ミュージカルを身近にしたいという言葉が随所に載ってましたが、あまりお芝居やミュージカルを観たことがないという人にも観て欲しいなと思います。DVDとかになって家で何回でも観たいですね。→DVDになるので家で何回でも観られますね。

DearDream1stライブの感想を書きました

2017年5月4日に開催されたDearDreamのライブに行ってきました。(会場:zepp divercity Tokyo)

以下、セトリと各曲ごとの感想です。抜けてるところもあります。あとちょっと酷いことも言ってます。備忘録程度なので精密さはありません。
先に申し上げておくと、DearDreamでは富田くん推しでKUROFUNEでは戸谷さん推しです。

1. NEW STAR EVOLUTION
グッズやブックレット見てたんで来るか!と思ってたら本当にキャンディブロック衣装で登場。みなさん似合ってましたね。
緊張していたのかたまに音外していたり声出てなかったりとかなり心配してしまった。
ライブ版ということでメンバー別のダンスソロがあったりと飛ばしてました。ダンス上手くなりましたね…。

2. PLESURE FLAG
衣装はキャンディブロックのまま。
引き続き声が出てないところもあった。
ダンスが激しい曲なので個人的にはシンプルな衣装で見たかったけどキャンディブロックも新鮮なので結構面白かった。
間奏後のラップ部分はかなり上達していたのでこれからの曲にラップ入れて欲しいなあと思った、入れてください。

3. Dream Greeting!
作中でもキャンディブロック衣装でライブした曲なのでこれが2.5次元か…と思った。
黄色の富田くんセンター曲なので思わず張り切ってしまった。
曲としてファンと一緒にやる振りとかが多いので会場もかなり盛り上がっていた。
富田くんが曲中煽ったりしていて彼の成長を感じたりしたしよく声が出ていた。Dream Greeting!ナンバーワンは間違いなく富田くんだったと思う。

4. グローリーストーリー
キャンディブロック衣装のままだったか思い出せない。多分そう。
アニメとかでは赤の奏くん(石原壮馬くん)がセンター。リアルでは富田くんがセンターの曲。
トラシグ(赤青黄の3人のグループ名)の3人はちょっと声出てきたかな〜って感じでした。
ハートを描く振りとか腰を落とす振りとか見せ場が多いので見ごたえがあった。青の溝口くんのダンスはとても美しい、最後まで丁寧。

5. STARTING TOGETHER
緑の太田くんと紫の正木くんの曲。この辺から何の服着てたのか正直怪しいです。
CDでは5人歌唱でアニメでは上の2人で歌ってました。
NaNaNaNaで横に手振ったりする楽しい曲。
2人ともまだちょっと声が怪しかった。
途中ファンと一緒に歌ったりと楽しかったけど個人的にはそこはメンバーにやってほしかった…。
5人でやってるのもそろそろ見たいので次はお願いします。

6. 2032
アニメでは赤の壮馬くんと青の溝口くんが主に歌ってました。
CDと今回のライブでは赤の壮馬くん、青の溝口くん、緑の太田くん、紫の正木くんが歌ってました。
この曲は振りが可愛いので実際ライブでやるとどうなるのかな〜と楽しみだったんですが実際すごい可愛かったですね。
真似とかもしやすいのでライブ中は無理のない範囲で真似してました。
壮馬くんと溝口くんのデュエットが好きなのでそういう曲も出して欲しいですね、お願いします。

7. 君はミ・アモール(KUROFUNE)
アニメではライバルグループのKUROFUNEの初登場時の曲。
KUROFUNEといえば黒い衣装だったんですが新規の白い衣装で登場しました。超かっこいいです、戸谷さんは足がすごく長い。
前奏ではものすごい印象的な振り(いわゆるカニダンス)があるんですがバッチリやってくれてました。しかもかっこいい。
黒の株元さんがファンを煽ったりサビではファンが色々コールしたりと盛り上がってました。

8. FACE 2 FAITH(新曲)(KUROFUNE)
なんと新曲。かっこよかったです。
初聴きでしたが上手く煽るので盛り上がってました。
スタンドマイク使ったりとドリフェスの関係では新しいなと思ってます。いい曲。
7曲目と8曲目はKUROFUNEのパフォーマンスでした。

9.  FEEL YOUR SKIN 
DearDreamとKUROFUNEが一緒に歌いました。
ファンミーティングで友達体操ということをやり、今回はこの曲の中でそれをやりました。
内容としては、メンバーと同じ振りを客もやるということなんですがその振りが隣の人の肩をポンポン叩いたりする振りで仲良くしようね、みたいな感じのやつでした。
ダンスの振り付けはみんなでやったらしく、レクチャーのところは和気あいあいとしてました。

10. WONDERLAND HEART
入れ忘れてました ごめんなさい…多分ここ
噴水広場のライブとかファンミーティングでは披露してたんですが5人でやるのは確か初めてだったと思います。
ラジオか何かでもメンバーの子が言ってたんですが正木くんの声が曲調に本当に合ってますね。
ダンスも可愛くてライブでは雰囲気を変えたりできるので定番曲になってほしいですね。

11. White Pavement
CDでは赤の壮馬くん、青の溝口くん、黄色の富田くんの3人曲。
今回は5人でコーラスしてました。
5人コーラス初めてと言っていたように、所々低音が出ていなかったり音程がズレてる?と思うところもありましたが大サビの壮馬くんのソロにやられましたね。センターの貫禄を感じました。
でもコーラスはもっと頑張ってほしい。

12. あなたの瞳に踊らせて
5人ダンス曲。ここからダンス系の曲が続きます。
各メンバー声も出てきていてファンも盛り上がってきていていい感じでした。
太田くんのダンスもキレキレでしたね。
ライブにめっちゃ合いますね。

13. Butterfly Girl
5人パフォーマンスは多分初めてだったと思います。
サビのステップが難しそうだったのでライブで見るのが個人的にすごい楽しみな曲でした。
この曲の溝口くんの色気がすごかったですね本当。推しの富田くん差し置いてあなたを見てしまいました。溝口くんすごいですね。
間奏では太田くんのダンスソロがあったりしてライブならではの盛り上がりでした。

14. ユレルMIDNIGHT
青の溝口くんと黄色の富田くんの曲です。
2人ともしっかり声が出ていて安定してましたね。人気の曲なのでファンも盛り上がってました。
CDではパート分けしてないのですが今回はパート分けしていてこっちの音源が欲しくなるくらいには良かったです。
あと溝口くんと富田くんは高校の同級生なのでペアとしてもかなりよかったです。

15. ARRIVAL-KUROFUNE Sail Away-
KUROFUNEのデビュー曲です。
バックで溝口くん、太田くん、正木くんがダンスしてました。太田くんの腰がセクシーでした。脚長いですね彼。
コールアンドレスポンスがあるのでライブで聴くのがすごい楽しみな曲でした。
もちろんバッチリやってくれました。KUROFUNEは煽るのが上手いのでいつかソロでライブしてほしいですね。

16. シナリオ(KUROFUNE)
今回のライブでのKUROFUNEラスト曲でした。
1曲前のARRIVALのカップリング曲でアニメでは株元さんのキャラクター黒石勇人がソロで歌っているという設定でした。今回はCD通りにデュエットでした。
ちなみに衣装替えをして黒い衣装で歌ってました。今後のKUROFUNEが楽しみですね。

17. リバーシブル→バレンタイン
太田くんと正木くんのデュエット曲です。
アイドルらしくPPPHしたりと可愛い曲で熱狂的なファンの多い曲だと思ってます。
正木くんがしっかり煽るのでノリやすかったです。

18. MAY BE,LADY!
壮馬くん溝口くん富田くんの3人曲。1番好きな曲です。
ライブでフルを聴くのは初めてだったんですが振り付けが本当に素晴らしかった。
歌詞のとおりに星を描いたり秒針を手で示したりと振り付けが可愛いかったんですよね。
壮馬くんの表情がすごいいい表情だったので何度でも見たいのでDVDとか出してほしいですね。お願いします。

19. SAKURA LETTER
CDでは5人なのになぜかいつも富田くんがパフォーマンスにいなかった曲。今回のライブではちゃんと5人でした。
ライブ中は富田くん定点カメラだったので初めて見る彼のSAKURA LETTERに釘付けでした。

20. Real Dream!
曲前にDDの軌跡(正式名称)の映像が流れて、そこからのこの曲でした。
映像はデビュー前の活動から今までをまとめた映像でした。
アルバムのリード曲でこれが1曲目に来ると思っていました。溝口くんの回し蹴りがあったり太田くんのバク転があったりと見所がたくさんでした。ライブで映えますねやっぱり。

21. Special Yell!
富田くん太田くん正木くんの3人曲です。
振り付けが可愛くて3人で回ったりとグローリーストーリーを感じるところがありました。
富田くんがジャンプ煽ったりソロ部分でコミカルな動きしたりと見ていてすごく楽しかったです。

22. BIRDCAGE〜欲望の鳥籠〜
こちらも3人曲で壮馬くん溝口くん富田くんです。作曲はGRANRODEOの飯塚さんです。
前奏間奏で煽ったり回し蹴りがあったりで見ごたえがありすぎる曲です。リスウフのライブやファンミーティングで見てきたので謎の感動がありました。

23. Up to speed!
壮馬くん富田くん太田くんの3人曲です。ライブでは5人でやってました。
サビで腕グルグルしたりと現場で聴くのが好きな曲です。
壮馬くんは煽るのがどんどん上手くなりますね。

24. インフィニティ・スカイ
1stシングルのカップリング曲です。アルバムにも入ってます。
やっぱり推し定点カメラだったんですが富田くんはしっかりしていてアイドルになってきてるなあと感じました。
1stシングルの曲でいろんな現場でやっているのでファンの練度が相当高かったです。
この辺から記憶が曖昧になってます。

25. シンアイなる夢へ!
ラスト曲でした。
みんなで歌って!ということでバックのスクリーンに歌詞が出ていてみんなで歌いました。
歌詞がすごくいいので改めて画面で文字として見ると良いこと言ってるなあと思うしこれからのライブもきっとこの曲をやるんだろうなと思いました。DVD出してね。

アンコール(いけるっしょ!コールでした)
26. ありがとうの数だけ笑顔の花を咲かせたい
4/26発売のミニアルバムに収録された新曲です。歌詞を見てアンコールでやるんだろうなと思ってたら本当にアンコールでやりました。
夢になってくれますか?とか夢になってもいいかな?とかファンへ向けた歌詞が多いので周りの子達がボロボロ泣いてました。

27. Paradeが生まれる
これもみんなで歌おう!ということでスクリーンに歌詞が出てました。
アンコールからはKUROFUNEの2人も出てきてくれたので7人で歌いました。
この曲もずっとライブやイベントのアンコールとして歌われていくんだろうなと思います。

3時間くらいのライブでしたが、ファン目線では本当に最高でした。アイドルとして頑張る彼らの最初のライブを見届けられて本当に嬉しかったです。
その反面、声が出ていないところがあったり音程を外すところがあったりまだ未熟なところも見えました。
私は彼らのファンなのでそれを許してしまうのですが彼らの目指す武道館や東京ドームでライブをするならそのあたりをきちんと磨いてからステージに立ってほしいなと思います。
パフォーマンスが凄ければ新しいファンも付いて来ると思うので。
1stライブはまだ未熟な頃の彼らを見られるライブだったんだよ、と言えるような人になってくれればファン冥利につきるなあとライブ翌日の朝起きて思いました。